予防接種

予防接種について

予防接種について当院では、インフルエンザ、麻疹、肺炎球菌の予防接種を行っています。

インフルエンザについて

インフルエンザについてインフルエンザウイルスに感染した人が咳やくしゃみをすると、その飛沫からウイルスが空気中に広がっていきます。そのウイルスが呼吸などを介して体内に入り、感染して発症します。
症状には突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などがあり、咳、くしゃみ、鼻水、喉の痛みもよくみられます。普通の風邪よりも熱が高くなるなど、全身症状が強く出ます。
免疫力が低下している高齢者や慢性疾患がある方は、インフルエンザから気管支炎や肺炎などを合併する可能性があり、重症化することも珍しくないため特にワクチン接種が有効です。

インフルエンザ予防接種の有効性

インフルエンザワクチンの接種を受けると、インフルエンザにかかりにくくなる、あるいはかかっても軽い症状ですむようになります。インフルエンザワクチン接種では、2週間~4週間経ってから効果が表れ始め、約5ヶ月間効果が持続します。例年、流行するのは12月~3月ですから、その時期にきちんと効果が現れるよう11月のはじめ頃に接種しておくと効果的です。
インフルエンザワクチンは、2回接種する必要があるケースがありますが、その場合には1回目から約4週間あけて2回目の接種を行います。

インフルエンザ予防接種の副作用

接種後、注射した部分が赤みを帯びる・腫れる・痛みが生じるなどが起こる可能性があります。これは通常、2~3日で解消していきます。また、インフルエンザの症状のような発熱、寒気、頭痛、全身のだるさなどの症状が起こる可能性もあります。これも通常、2~3日で解消していきます。

接種して数日~2週間以内に発熱、頭痛、けいれん、運動障害、意識障害の症状が現れるといった報告もあり、とてもまれですがショックやじんましん、呼吸困難などが現れる可能性もあります。

インフルエンザ予防接種は早めに受けましょう

インフルエンザワクチンは接種してから十分な効果を表すまで、通常2~4週間かかります。インフルエンザの感染者数が増加するのは毎年12月下旬頃ですので、その1ヶ月以上前に予防接種を受けておくと流行している時期にしっかりワクチンの効果が現れるので安心です。また、後になるとワクチン不足が起こる可能性もありますので、早めのご予約をおすすめします。

受診期間

例年10月1日~ の予定です

接種料金

3,500円(税込)

お申込み

事前にお電話などでご予約ください。
ご予約がない場合、ワクチン不足があった際に後日の接種となる可能性があります。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-3485-6311

中学生以下の方・高齢者の方には区の助成がありますので、渋谷区のホームページなどでご確認ください。

帯状疱疹ワクチンについて

帯状疱疹の原因は、水ぼうそうウイルスです。子どもの頃にかかった水ぼうそうのウイルスが神経節に潜んでいて、免疫力が低下した時に活動をはじめ、帯状疱疹を発症します。
加齢やストレスなどによる免疫力低下がきっかけとなるため、50歳以上の方の発症が多い傾向があります。

主な症状は、痛みをともなう皮膚の湿疹です。身体の左右どちらかに刺すような痛みが起こり、帯状に赤い発疹や水ぶくれが現れます。
この炎症は皮膚だけでなく神経にも起こっているため、強い痛みが現れます。
通常は皮膚症状が治れば傷みが消えますが、神経の損傷が残ると、強い痛みが長く続く帯状疱疹後神経痛になってしまうケースがあります。
帯状疱疹後神経痛は、強い傷みが何か月、あるいは何年も続くことがあり、夜眠れないほど痛みが強くなることもあります。

この帯状疱疹の予防に水ぼうそうのワクチン接種が有効なことがわかり、2016年3月に日本でも帯状疱疹の予防接種が可能になりました。
接種可能なのは、帯状疱疹リスクの高い50歳以上の方で帯状疱疹の既往がない方となっています。

当院では予約制で帯状疱疹の予防接種を行っています。ご希望される方はまずお電話でお問合せください。

接種料金

50歳以上の方のみ 8,000円

肺炎球菌ワクチン

肺炎について

肺炎について肺炎は、細菌やウイルスなどが肺に入り込んで感染し、炎症を起こす疾患です。
近年、抗生物質が効かない細菌が増えてきており、免疫力の低下している高齢者の肺炎による死亡率が高くなっており、日本人の死亡原因で第3位になっています。肺炎は、脳血管疾患よりも高い死亡率になっています。
亡くなる方の約1割は肺炎が原因になっているとされており、死亡原因が肺炎の方の9割以上が65歳以上の高齢者です。そのため、高齢者や免疫力が低下していて体力が落ちている方は、特に肺炎予防が重要になります。

肺炎球菌

肺炎は主に細菌やウイルス、真菌などの微生物が肺に感染して起こっていますが、最も多いのは「肺炎球菌」による肺炎です。成人がかかる一般的な肺炎の約25%程度が肺炎球菌によるものだとされています。

肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎を予防できるものではありませんが、肺炎球菌によって引き起こされる肺炎などの感染症を予防し、かかった場合にも重症化を防ぐワクチンです。

また、肺炎球菌ワクチンは、90種以上の型がある肺炎球菌の23種類の型に効果があります。 この23種類は肺炎の原因になる肺炎球菌の型の8割以上を占めるため、効果的な予防が可能です。

ワクチン接種から免疫ができるまでに平均3週間ほどかかり、1回の接種で5年以上効果が持続するとされています。なお、接種時期はインフルエンザなどと違い、季節を問わず1年中可能です。

75歳以上の渋谷区民の場合、肺炎球菌ワクチンの接種は全額公費負担になります。くわしくは渋谷区のサイトをご確認ください。

肺炎球菌ワクチンの接種をおすすめしたい方

  • 65歳以上
  • 心臓や呼吸器に疾患がある
  • 腎不全や肝機能障害がある
  • 糖尿病がある
  • 養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている
TEL:03‐3485‐6311