自費診療

AGA (男性型脱毛症)

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語では男性型脱毛症と呼ばれています。男性は思春期以降、急激に男性ホルモンの分泌が増加します。その影響により、遺伝的要因を有する前頭部から頭頂部にかけて、髪が細く薄毛化する症状が現れます。

AGA治療内服薬

ザガーロ 9,500円/30錠

なお、当院では、プロペシアザガーロを診療室で処方し、お渡ししています。受付や薬局で受け取る必要がないため、気兼ねせずご相談ください。

ED (勃起不全)

EDは加齢や精神的な原因だけでなく、高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が原因となって起こっているケースがあることがわかってきています。勃起は神経系と血管系が正常に働くことにより起こり、EDはそのどちらか、あるいは両方に障害が起きることにより起こります。生活習慣病は血管にダメージを与え続ける病気ですから、それがEDにつながることは納得しやすいと思います。

ED治療薬は、性的刺激に反応して起こる勃起機能をサポートします。服用したことがない方は「勝手に勃起してしまうのでは?」と誤解されることが多いのですが、性的刺激を受けなければ勃起することはありません。

当院では、ED治療薬を診療室で処方し、お渡ししています。受付や薬局で受け取る必要がないため、気兼ねせずご相談ください。

バイアグラ(50㎎) 1,600円/1錠

服用後、約30分~1時間で効果を現しはじめ、効果が持続するのはその後3~4時間程度です。
初めて登場したED薬であり、世界中で使われています。錠剤とフィルム製剤があります。

レビトラ(10㎎) 1,500円/1錠

服用後、早い方は10分、ほとんどの方が30分程度で効果を実感されています。効果が持続するのは服用後約5~8時間程度です。
食事の影響を受けにくいため、服用のタイミングをあまり気にしなくてよいというメリットがあります。
こうしたことから人気が高まっているED治療薬です。

シアリス(20㎎) 2,000円/1錠

服用後、30~36時間も効果が持続する新しいタイプのED治療薬です。
食事の影響を受けにくく、効果時間が長いことから欧米ではウィークエンドピルと呼ばれています。
自由度が高いため、ライフスタイルに合わせた服用が可能で、性行為の直前に服用する必要がありません。
副作用も少なく、「シアリスでなければ」というファンが増えてきています。

バイアグラODフィルム処方(50㎎)1,600円/1枚

当院では、ファイザー社が2016年10月に発売した新しいタイプのED薬「バイアグラODフィルム」の処方も行っています。これは成分としてはバイアグラですが、フィルム状になっている珍しいタイプの薬剤です。「バイアグラODフィルム」には用量の違う25mgと50mgのフィルムがあります。当院では、バイアグラODフィルム50mgを取り扱っています。
服用はフィルムを口腔内に入れ、唾液や水で飲み込みます。口腔内で溶解はしますが、口腔粘膜から吸収することはないのでご注意ください。
効果の違いでは、通常のバイアグラより最高血中濃度に達する時間が少し遅く、効果を実感できる時間も少し遅れます。そのため、いつもよりやや早めの服用がポイントになります。

シルデナフィルOD錠(50㎎) 1,000円/1錠

バイアグラのジェネリックなので安価に購入できます。OD錠(口腔内崩壊錠)なので水なしで服用できます。コーヒー味とレモン味があります。

にんにく注射

にんにく注射はビタミンB1(アリナミン)を配合した水溶性ビタミンが主成分になっており、疲労回復、疲れやだるさ、倦怠感の回復に即効性があることからプロのトップアスリートから広まっていきました。

ビタミンB1は、不足すると糖質がうまくエネルギーに変換できなくなるため、パワー不足に陥りやすくなります。またビタミンB1は、疲れやだるさの原因である乳酸を分解する効果もあります。

にんにく注射は現在、寝不足が続いている、疲れが蓄積している、休みたいが休めない状態の忙しいビジネスパーソンに人気があります。

注射後、にんにくに似た匂いを感じるためこの名前がついています。この匂いが注射された本人だけが感じるもので、すぐに消えますから他の方に匂うことはありません。

ビタミンB1は、疲労回復に効果があることから、ビタミン剤として服用もされていますが、にんにく注射は血管に直接注入するため、その効果をダイレクトに得ることができ、即効性や摂取効率も高くなっています。

なかなか取れない疲れや体力の消耗を感じた時は、体内のビタミンB1が不足していることが多いため、にんにく注射によるクイックチャージが効果的です。また風邪気味など体調が思わしくない時のビタミンB1不足解消にも役立ちます。

接種料金

にんにく注射 1本1,500円

ボトックス注射

ボトックスは、食中毒の原因物質であるボツリヌス毒素を無毒化し、医療用の薬物に精製したものです。異常な筋収縮を和らげる、過剰な発汗を抑えるといった効果があり、1980年代から医療で使われはじめ、広い分野で使われるようになっています。当院では下記のような症状のある方にボトックス注射を行っています。なお、美容整形で行われるしわ取りなどのボトックス注射は行っておりません。

片側顔面けいれん

片側のまぶたや頬が勝手にピクピク動いて、止めることができない病気です。筋肉のけいれんによって起こっています。目の周囲から始まることが多く、徐々に痙攣が強くなっていく傾向があります。

眼瞼(がんけん)けいれん

両目のまぶたが勝手に閉じてしまい、開けていることができなくなります。ドライアイや光をまぶしく感じる症状があって発症する傾向があります。けいれんという名前ですが、ピクピク動くことはなく、不要なまばたきが増え、閉じようと思っていないのにまぶたを閉じてしまうようになります。

重症腋窩(えきか)多汗症

腋窩は脇の下のことです。脇の下に、大量の汗をかいて日常生活に支障が現れます。
気温などの影響も受けますが、暑くなくても大量の汗が出る場合があります。

動脈硬化度測定(CAVI)

自覚症状がないことから「沈黙の殺人者」と呼ばれる動脈硬化症ですが、簡単に発見できる方法があります。それが「CAVI(キャビィ)検査」です。
この検査では、あお向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定します。時間は5分程度で、血圧測定と同じ感覚でできる簡単な検査です。
結果もすぐに出るので、その場で医師からの診断が受けられます。

動脈硬化度測定(CAVI) 2,000円

 

TEL:03‐3485‐6311